スポンサードリンク

口臭 原因

口臭 原因口臭の原因にはさまざまありますが、共通しているのが唾液の分泌量不足による口臭です。微生物学の教科書によると、口の中には100億以上もの細菌が生息していると書かれています。


口腔内の粘膜細胞は、体内で最も新陳代謝が早いといわれ、剥離した細胞が多く存在しています、口の中の細菌は食べかすや剥がれた粘膜など、それらを分解する際に口臭の原因となる物質を作り出し、これが口臭となってしまいます。


しかし唾液が十分に分泌されていれば、食べかすや細菌を洗い流すなど、口内環境を整えてくれますから口臭が気になることはありませんが、口臭の無い人はいません。


また口臭は口の中だけが原因で起こるわけではなく、食べ物や病気、疾患などが原因で体内、特に腸内で毒素や有害物質が作られると、血液を循環して全身に流れて行き、皮膚や肺から排出され、それが口臭や体臭の原因になることもあります。


口臭の原因物質にはいろいろありますが、主なものとして、メチルメルカプタン・硫化水素・ジメチルサルファイド・アンモニア・インドール・アミン・アセトン・アルコールなどがあります。


明らかに第三者にわかる特異的な口臭原因物質は3種類のイオウ化合物で、
「硫化水素」「メチルメルカプタン」「ジメチルサルファイト」の3種類といわれています。
posted by 口臭の原因と対策 at 15:14 | 口臭 原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
口臭の原因と対策」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。